お茶と茶器の贈り物 小坂園
トップページ»  お茶屋の店長日記

お茶屋の店長日記

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3

敬老の日イベント案内

敬老ギフト展示会

8/26(月)~9/16(月)

敬老の日に考えたお茶と茶器の敬老の日に向けて組み合わせが豊富になってきたこともございまして、5年間積み上げてきたことを見える形で思い返えすことにしました。

秋の雰囲気を実感しながら、自由にお茶と茶器のギフトを試作することが可能です。実際にお手に取り、使い勝手などをご確認ください。また、記念品の試作を展示し、それをもとにお客様と交渉の場を設ける試みをはじめました。お年寄りに喜んでいただける記念品を一緒に考えます。お近くをお寄りの際は、是非ご来店ください。

 


大きな地図で見る

会場 小坂園

所在地 東京都大田区大森西3-20-15

TEL : 03-3763-3619 店舗詳細

 

●おばあちゃんの知恵がつまった~敬老オリジナル~

●ふたり仲良くしてね~夫婦シリーズより~

●敬老のお茶でのんびり~名入れシリーズ~

おまけ:

●苦労はさせない~ふくろう茶器シリーズ~

2013-08-19 12:29:50

コメント(0)

折りたたむ

お正月の集いの締めに「家族みんなで飲むお茶」

かれこれ30年ぐらい前 新年が明けると母親の実家で新年会をやるのが恒例でした。

田舎がなかったせいか、 子供ながらに楽しみにしていた気がします。

 

メンバーは

うちの家族四人

父親方のお爺ちゃん

母親方のお爺ちゃん・お婆ちゃん・おじちゃん・おばちゃん(要するに母親の兄弟)

最大9人で集まっていました。

 

新年会の内容についての記憶はないですが、 3つだけ頭に浮かびます。

1つ目はトイレに行って、トイレの小窓から外を眺めていたこと。

(明治・大正の人達がメインですので、暇だったのではないかと推測します。)

2つ目は父親方のおじいちゃんが小唄を披露していたこと。

3つ目は帰り際に大きな湯呑みを使ってみんなでお茶を飲んだこと。

もちろん、うちから贈ったお茶なんだろうけど、

気になって母親に聞いてみると、

12月にお歳暮を贈っていたので、その時のお茶なんじゃないの って

 

 

何だか不思議な感じがしました。

30年もお茶屋が続いてて、お歳暮という習慣がまだ残っていること。

もしうちのお茶を贈ってもらえるとしたら、どんな風に飲んでもらえるのがベストなのか?

そんなエピソードを考えると、

「新年会の締めの一杯」にお茶をみんなで飲んでいるご家庭なら

お歳暮にお茶はうれしいのではないでしょうか。

 

そんなことを考えながらお歳暮ページを今作っています(笑)

 

 

2013-08-01 19:39:13

コメント(0)

折りたたむ

7月のお誕生日マグカップに「百合」を選別

 

レトロなイエローに合わせ、グリーンの型染め和紙缶をご用意。外見のイメージも綺麗に収まりました♪

 

暑さがはっきりしない今日この頃、早くスッキリとした夏に突入してもらいたいですね。

今日の作業は7月の誕生日マグの商品撮影になります。こちらのシリーズは1~12月までそれぞれ揃えておりまして、 その月を代表するお花が絵柄になります。

7月は大輪で香り高き百合

その絵柄をじっくり眺めますと、ダイナミックな咲き方ですが、落ち着きある印象を受けます。清楚な香りが漂ってきそう。贈られる方のイメージに合いますでしょうか(^^)

何といっても職人さんがひとつひとつ手書きで描いておりますので、大げさに言うと世界にひとつの絵柄になります。さらに手書きには温かみがございます。そんな温もりが記念日の贈り物にピッタリではないかと、お誕生プレゼントシリーズとしてとラインナップした次第です。

レトロなイエローに合わせた型染め和紙缶

さらにマグカップだけでは寂しい感じもしますので、レトロなイエローに合わせ、こちらも温もりある型染め茶筒を添えました。

これで外見のイメージも綺麗に収まりました。年配の方への贈り物になるかと思いますが、男性女性問わず、おすすめできるかと存じます。

2013-08-01 19:36:13

コメント(0)

折りたたむ

【7月】大森町サマーフェスティバル2011

今年も炎天の中、わが町「大森町サマーフェスティバル2011」が開催しました。

天候にも恵まれ、たくさんのご家族・子供達・お年寄りの方々にご来場いただきました。

シンガーソングライター「HARU」さんのライブ、ポップスバンド「The234」さnのライブ

大森学園ブラスバンド部の演奏会、最後は阿波踊りと盛りだくさん!

一番印象に残ったのは、HARUさんのスタートラインという歌の歌詞で

「走りながら探す、走る意味を、走り抜く、自分のために・・」

毎年、大森町共栄会の皆様には頭が下がります。本当ご苦労様でした。

2013-08-01 19:33:03

コメント(0)

折りたたむ

【8月】ペットボトルお茶、配達はじめました♪

 

その日のお買い物は一度で済ませたいものですよね。

ペットボトル茶の場合、重くかさばりますので、持って2本程度までではないでしょうか。そこで小坂園がお客様の代わりになってお運びします。

対象は大森西・大森東・大森北の3地域。

お近くのお寄りの際はお気軽にお声掛けください。もちろんお電話でのご依頼(TEL:03-3763-3619)もお受けします。賢く買い物しましょう!たくさんのご注文をお待ちしております!

※お代は配達時にいただきます。

2013-08-01 19:31:41

コメント(0)

折りたたむ

【正月行事】 福茶のおもてなし

 

小坂園では正月の恒例行事として

今年も福がありますよう、健康でいられますよう願いを込めて福茶を振る舞います。

今年はとくに寒かったせいもあり、急須で淹れるお茶は喜ばれました。

みなさん、ホッと一息ついて、

「やっぱりお茶屋さんで飲むお茶は格別だね」と言っていただけました。

お茶屋をしてて本当に励みになる瞬間

三が日、休まずやった甲斐がありました。

話の内容も恒例~みなさん、お孫さんが遊びに来て忙しかったようです。ふところも寂しくなったと…(笑)

正月三が日が過ぎた頃、近所のお客さんが新年の挨拶にやってきます。

「親しき仲にも礼儀あり」ということわざがありますが、

気心知れたお客様であればあるほど、

ご挨拶をいただくと、一層身が引き締まります。

あ~今年も明けたのだと、実感します。

その福茶ですが、

お茶屋さんによって、いろいろな種類がございます。

小坂園で販売している福茶は

「茶、昆布、玄米、勝栗大豆、黒豆、梅干し、山椒」の7種類を混ぜた合わせたもの。

分量にすると2~3回分です。

手頃な値段なので、 お年賀にとても喜ばれました。

今後も「福茶のおもてなし」続けていきます。

●福茶の由来…今から約千年前、村上天皇の天暦五年、諸国に疫病が流行し、時の高僧空也上人がこれを深く憐れみ、観音に供えたお茶を病人に与えたところ、疫病を免れ平癒する者が多く現れたそうです。 天皇がこれをお聞きになり、宮中の吉例行事として時の間にか、「大福」と言われるようになったそうです。 年始めに福茶を飲んで福を引き寄せていただければ幸いです。

 

  

2013-08-01 19:29:54

折りたたむ

【4月】桜器フェアー

↑ピンク・赤を基調とした桜や春向けの「湯呑み茶碗」「夫婦茶碗」を選別しました。

↑母の日限定のカーネーション柄・桜柄のマグカップは欠かせません。

↑緑茶をいただくのに最適な常滑急須。桜模様・桃色のものを取り揃えました。

↑専門店のこれからのご提案は小さめの手付き湯呑み。持つ際に熱くなりませんし、用途も広く実用的なんです。


そこで新茶を美味しく入れるのにおすすめしているのが「手付き湯呑み」なんです。

その名の通り、手の付いた湯呑みではあるのですが、和を強調し、あえてマグカップと差別化しました。

マグカップですとコーヒーをガブガブ飲むイメージがありますよね。

新茶は冷ましした湯で旨み(甘味)を味わうものです。150ml程度の湯呑みの大きさが新茶の旨みを引き出すのにちょうど良い容量と考えます。

手付きがあると持つ際に熱くならず、色々な用途に使えて便利という長所があります。

そんな理由で当店では小さめのマグカップを「手付き湯呑み」と命名しご提案しております。お茶好きの方ならば絶対おすすめです。

 

その他にも、春にぴったりの可愛らしいデザイン・美濃焼・有田焼などの国産の湯呑みを選別しています。

引っ越しの多い春の季節・・

新居に招かれた時の手土産・引っ越し祝いにお茶や茶器の贈り物は喜ばれます。

温かくなると同時に人も動き始めます。

「贈り物にしてくませんか?」

そんなご要望のお客様が増えてまいります。

 

若い方を中心に最近はお茶の種類問わず、マグカップで飲まれる方が増えてきました。

理由は便利だから・・その1点に尽きると思います。

大きい食器戸棚を置くスペースを考えても・・

昔はお茶の種類や来客用に合わせてティーカップ・湯呑み・マグカップなど、いろいろ用途の瀬戸物がありました。

毎日忙しい生活の中でも、真心込めて淹れた1杯のお茶は、必ず映えると信じています。

お客様の環境の中で、美味しいれ淹れ方お茶や茶器のご提案・リラックスできるご提案をしていくことができれば本望です。

2011/03/25

2013-08-01 19:28:30

コメント(0)

折りたたむ

【2月】バレンタイン酒器フェアー

バレンタイン酒器フェアーを始めて4年目。

毎年、新しい気づきがあります。

美濃焼・瀬戸焼・有田焼の酒器を仕入れています。


先日、若い娘さんが来店され、正直ビックリしました。わざわざ隣りの県から電車を乗り継ぎ、お父さんのためにプレゼントを買いにきてくれたのです。繁華街に行けば、百貨店や有名なお店は山ほどあります。それでも来てくれた。

接客後、わたしはノートにメモりました。バレンタインデー、お父さんに喜ばれるプレゼント。先程の対話をヒントに「小坂園のお客様」に喜んでいただけるバレンタイン企画は何かを問いました。

お客様のほとんどはお年寄りですが、土・日曜日になると若いカップルが来店されます。店舗がある大森町付近はワンルームマンションが多いのです。それから男友達への手土産に酒器を提案するようになりました。

 

▼イメージしやすいように、お酒の種類で分けています。

↑若い男の子が好みそうな、モダンでスタイリッシュなウイスキー焼酎カップ。口が広いので大きい氷もスッポリ入り使いやすいです。

↑缶ビール愛飲家にピッタリの泡立ちビアカップ。まだ種類は少ないですが、一番右が私がよく飲む焼酎梅干割りに合うカップ

↑紅茶とセットにしても喜ばれる、ちょっとかわいめのマグカップ

↑ご年配・お父さん好みの渋くごっつい焼酎カップ。なるべくデザインと使い勝手両方を兼ね備えた酒器を販売できるよう努力しています。

2013-08-01 19:26:45

折りたたむ

【8月】暑中見舞い・帰省に手土産展

~オンザロック冷茶に挑戦~7/28(土)~8/18(土)

お盆にむけて、暑中見舞い・帰省土産をご用意。のどかな冷茶・手土産企画と題しまして、手軽に作れるティーバッグからオンザロックの茶葉まで、お好きなように組み合わせることが可能。期間中は冷茶を作りたいという方のために体験コーナーをご用意しました。オンザロックで淹れてみたいという方は是非挑戦してみてください♪


大きな地図で見る

会場 小坂園

開催期間 2012年7月28日(土)~8月18日(土)

所在地 東京都大田区大森西3-20-15

TEL : 03-3763-3619 店舗詳細へ

『のどかな冷茶・手土産企画』~オンザロックに挑戦~

『江戸時代宿場の茶筒』~東海道五十三次より~

おまけ:

『わたしの茶生活、ちょっことおすそわけ』~冷茶編~

2013-08-01 19:21:00

コメント(0)

折りたたむ

【12月】みんなが集う場所に小坂園のお歳暮

心休まる年末年始に

年末年始は1年をねぎらう憩いの空間。心にゆとりの持てる年末年始は心にもゆとりができ、急須でお茶を淹れる余裕が出てきます。 そんな時こそ、ゆっくりお茶を淹れ味わってほしい。御世話になった方々に緑茶を飲んでリラックスしていただきたい。

本格的なお茶飲み派の方には干支の銘茶がおすすめです。 間違いのない贈り物。 人とのつながりを大切にする場所に、お茶は喜ばれるのではないでしょうか。

2013-08-01 19:17:30

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3