色々ある急須の茶漉し

お客様から粉茶を淹れる際に急須が詰まってしまうとのご質問をお受けしました。細かい茶葉ですと、茶漉しの種類によっては詰まってしまうことがございます。そこで、参考になるような茶こしの種類を挙げてみました。飲む茶葉の形状を把握し、飲む人数・用途に合わせ、急須をお選びください。

●深蒸し茶専用の茶漉しであれば、ほとんどの茶葉に対応できます。

●金属部分の少ない茶漉しは、お茶本来の味わいを引き出せます。

●高級煎茶を飲む場合、1〜2人分(約100〜300ml)ぐらいが美味しく淹れられる分量になります。

●日本茶・紅茶・中国茶・台湾茶など、色々飲まれる方はそれぞれ茶器をご用意することをおすすめします。

●お手入れの仕方:

大切なことを挙げますと、お茶を淹れ終わったら、その都度お湯で洗い流し中身を清潔・きれいにしておいてください。(洗剤などは使わず水洗いで大丈夫です。)自然乾燥される際には茶漉しの中身に水がたまらないよう、蓋を取って逆向きにして乾かすのもよい方法です。

陶製茶漉し
陶製セラミック(ささめ)茶漉し

陶製茶漉し

おすすめの茶葉⇒浅蒸しの茶葉(玉露・高級煎茶・茎茶など)

備考⇒陶器製なのでお茶本来の味を引き出します。抽出時間は長め。お気に入りの茶をじっくり淹れたい人におすすめ。

おすすめの分量:150〜250ml(1〜2人)

実用性 ★★★★★

趣向性 ★★★★★

≫扱いはございません

 

陶製セラメッシュ(ささめ)茶漉し

おすすめの茶葉⇒浅蒸しの茶葉(玉露・高級煎茶など)

備考⇒陶器製なのでお茶本来の味を引き出します。メッシュなので、ある程度細かな茶葉まで対応します。

おすすめの分量:150〜350ml(1〜2人)

実用性 ★★★★

趣向性 ★★★★

≫商品ページ

 

帯網茶漉し
網茶漉し

帯網茶漉し

おすすめの茶葉⇒万能

備考⇒茶葉が浸透しやすく、抽出時間も早めです。使っていると網に茶粕が付着してしまうのでお手入れは欠かさずに。

おすすめの分量:250〜400ml(2〜3人)

実用性 ★★★★

趣向性 ★★★★★

≫扱いはございません。

 

網茶漉し

おすすめの茶葉⇒万能

備考⇒深蒸し茶専用のものがおすすめで、幅広い場面に対応できます。網部分のお手入れは欠かさずに。

おすすめの分量:250〜400ml(2〜3人)

実用性 ★★★★

趣向性 ★★

≫商品ページ

 

 

カゴ網茶漉し

おすすめの茶葉⇒比較的大きめな茶葉(番茶・ほうじ茶・玄米茶など)

備考⇒取り外しできる茶漉しなので、茶葉の取り扱いが簡単。食事時などたくさん淹れる時におすすめです。

おすすめの分量:300〜500ml(2〜4人)

実用性 ★★★★★

趣向性 ★★★★★

≫商品ページ