小坂園
トップページ»  お茶の豆知識»  新茶のあれこれ

 

一般的に八十八夜の頃(4月下旬~5月上旬)に摘まれた茶は、香り豊かな新茶として人気がありますよね。一芯二葉といって二枚の若葉のついた新芽の先端を摘みとります。ただ新茶といっても様々で、収穫される時期・産地・品種の違いなどによって香味も異なってきます。

新芽
一芯二葉

 

その年の気候条件にも左右されますが、4月上旬より温暖な鹿児島県を中心に早生品種の新茶の収穫が始まり、4月中旬頃から静岡県、4月下旬から京都や八女(福岡)などの玉露の主産地といった流れです。

※ちなみに玉露はひと夏越すまで熟成させ、味にコクがのってきた秋に販売するお店が多いです。

大雑把に新茶を分けてみますと・・

 

★ 生の鮮度感を重視した「季節限定の新茶」

「ミル芽」と呼ばれる若い芽のうちに収穫され、 仕上げられるお茶もその時期だけの生の鮮度を重視した火入れ。まさにこの時期にしか味わえない句の新茶といえるでしょう。

★ コクのある「八十八夜前後に摘まれる新茶」

5月の上旬(八十八夜)に入ると新芽も成長が進み、味にコクがのってきます。収穫量も増え、相場も安定するので価格的にリーズナブルな新茶(いわゆる一番茶)ができあがるわけです。


上記を参考に色々な品種・産地の新茶を飲み分けるのも面白かもしれませんね。年に一度の楽しみに是非新茶を楽しんでみてください。

それでは5月の新茶の季節にまた会いましょーう♪