小坂園

 

トップページ»  世界各国茶の淹れ方»  蓋碗での淹れ方/中国茶・台湾茶編

 

蓋碗での淹れ方は、決して難しいのものではありません。磁器なので茶葉の種類を気にせずお使いいただけます。

特に緑茶や花茶を飲むのに最適!綺麗な茶葉を眺めることができ、香りを身近に感じていただける「淹れる楽しみのある茶器」と考えます。一人の時間・おもてなしに是非挑戦してみてください。

★使用した茶器:100ml入りの蓋碗・茶海・茶杯2ヶ


 

1、蓋碗に熱湯を注ぎ温めます。その湯で茶海・茶杯も温めてしまいましょう。


 

2、蓋碗(100~150cc)に3g程度の茶葉を入れます。

※茶葉の量は底が隠れるくらいが目安。お好みでお入れください。


 

3、溢れない程度に熱湯を注ぎます。

※香りを重視するため沸騰した100度前後の湯が最適。やけどにはくれぐれもお気をつけください。


 

4、蓋をし1分程度蒸らします。泡がついている場合、回す様になでてください。


5、蒸らし終わったら、蓋碗から茶海へ移します。茶海がない場合はそのまま茶杯に注いでください。

◎ 茶海があると、お茶の濃さを一定にでき・茶杯にも注ぎやすいです。

◎ 持ち方:人差し指で蓋の中央を押さえ、少しずらしながら注ぎます。あまり開きすぎると、茶葉が流れてしまいますのでご注意ください。


6、茶海から茶杯に移して出来上がりです。

◎ 3煎目以降は、蒸らし時間を30秒程度長くするとよいでしょう。味がなくなるまでいただけます。

7、茶を淹れた後、蓋の裏に残った香りを嗅いで楽しみましょう。


以上、蓋碗での淹れ方です。上記を参考に是非自分なりの淹れ方を見つけてみてください!