小坂園
トップページ»  世界各国茶の淹れ方»  煎茶の美味しい淹れ方

煎茶の美味しい入れ方は、一煎目は低い温度で旨みを十分に引き出し、二煎目は熱湯を注いでカテキンやカフェインをたっぷり出していただくこと。そうすれば、緑茶がもっている利点を十分活用した飲み方になります。

●使用した茶葉:煎茶(深蒸し煎茶)

●使用した茶器:300ml急須・小ぶり(150ml程度)の茶碗2ヶ

 

 

1、沸騰させた湯を急須と茶碗に入れ温めます。

※水道水の場合、沸騰させカルキを抜いてください。

※茶碗に注ぐことで、湯冷ましになり、人数分きっちり注ぐことができます。


 

2、急須のお湯は捨て、茶葉を大さじ1杯程度(約200~300mlのお湯に3~5gの割合)入れます。

※最初は多少多めの茶葉を入れ、味の好みを見つけてください。


 

3、茶碗に注いだお湯を急須に注ぎ、20~30秒程度蒸らします。

チェックポイント:沸騰したお湯を湯のみにあけ、 温めたあと急須に入れると約80度前後になります。


 

4、急須を軽くまわし、色を確かめながら少しづつ、交互の茶碗に入れましょう。


5、 この時、急須には湯を残さないようにし最後の一滴まで注ぎきります。

チェックポイント:急須から落ちる最後の一滴は煎茶の旨み。急須を振って、最後の一滴まで出し切ることで二煎目もおいしく入れられます。

二煎目を入れる際に急須をポンポンと叩き、茶葉を中央に寄せ、お湯を抽出すると美味しく入れられます。

☆さあ~これでおいしい煎茶の出来上がりです (^v^)