トップページ»  三代目店主の想い»  三代目が想うお茶屋の理想像

世界の国々で「茶」は作られています。

 

緑茶・紅茶・烏龍茶‥

日本・中国・台湾・インド・スリランカ・ケニア‥

 

緑茶ひとつをとっても

茶木の品種の違い、製造工程、文化など、

その国々で味・香り・見た目は異なります。

 

来店されるお客様のご要望を思い出してみますと

 

渋いお茶・渋くないお茶(マイルド??)・甘味があるお茶・苦いお茶

香りのあるお茶・味が濃いお茶・コクのあるお茶・

安いお茶の渋みじゃない渋いお茶・水色が良いお茶

後味の良いお茶・香りが鼻に抜けるお茶・ガブガブ飲めるお茶

熱湯で飲めるお茶・お客様に出すお茶

万人受けするお茶・急須が詰まらないお茶

 

お客様からのご意見をすべて取り入れようと、仕入れに迷いが生じる時期もありました。

 

このお茶イメージと違ってたよ~

このお茶バランス悪いよ~

このお茶、香り全然ないよ~

 

どの国のお茶が美味しい(??)のか‥

日本のお客様に向いている緑茶とは‥

 

そんなある日、常連のお客様がポツリ‥

「このお煎茶(日本茶)、もう少し香りがあれば最高なんだよね。」

 

香りって何だ?

 

正直のところ、味・香り・茶葉の見た目、すべてを兼ね備えた煎茶を追求することは難しいです。

 

それは日本の緑茶が蒸すことでコクのある味(長所)を引き出しているから。そこで中国の緑茶と青茶(烏龍茶)をおすすめしました。

何種類か試飲していただいたところ、

 

またまたポツリ・・

「今まで飲んでいた日本茶よりも味が物足りない。。」

 

どっちがこのお客様にマッチした緑茶なのか、答えは見つかりません。

 

でも、お客様は喜んでくれました。

「こんな香りの良い緑茶が中国にあるんだ。いつまでも口の中に残るあと味が何とも言えない。」‥と

 

結局お客様はいつも通り、日本の緑茶を買われたのですが、ここで勉強したことが多々あります。

 

それは、

お客様それぞれの味・鼻覚は千差万別ということ。

何を指標に決めるのか、それはすべてお客様にあるということ。

お茶の値段とお茶のいわゆる味は必ずしも比例しないこと。

その国々のお茶の歴史、環境、人、すべてが異なり、そこにお茶の醍醐味があること。

 

お茶は趣向品です。

お客様が求めるお茶を少しでも近い形で提案してあげる‥

それがお茶屋の役割であると考えました。

 

いつ・どんな環境で・誰と、どんな気分でお茶を愉しんでいただけているのか?

毎日の生活の中でお茶がどのように溶け込けこまれているのか?

1つ1つのお茶の個性をどうやって生かしてあがられるのか?

 

そんなことを一緒に考えながら、

本当に自分に合ったお茶を1つでも多く探していただくことが自分の願いです。

 

まだまだ未熟ですが、末永く見守っていただければ幸いです。

 

小坂園三代目 小坂忠士

お茶をどういった視点で若い人に訴求すればよいか