お茶と茶器の贈り物 小坂園
トップページ»  中国茶・台湾茶»  阿里山烏龍茶 40g

阿里山烏龍茶 40g

花茶工芸茶黒茶苦丁茶ティーバッグ
じっくりと食事のお供みんなで楽しみながら健康のために

以前、お客様からこんな質問をいただきました。台湾のお土産に高山茶(阿里山茶)をいただき、すごく美味しくて、これと同じものはありますでしょうか?

外袋も見せてもらいましたが、正直それだけでは判断がつきませんでした。それは同じ阿里山で製茶されたとしても、茶木の品種や茶師の製茶方法で出来栄えはかなり違ってくるからなのです。しかもうちは金萱種しか扱っておらず、おっしゃるイメージとはかけ離れていました。悪いことをしてしまったと‥当時この阿里山烏龍茶を扱っていたとしたら、こちらをおすすめしていたと思います。

この台湾烏龍茶を飲んだ印象、僕がイメージしたのは「山」でした。これはお茶屋だからなのかも知れませんが、山以外考えらませんでした。

台湾の総面積の半分、島の半分は山だそうです。台湾には玉山(3952m)を筆頭に3000mを越す山脈がそびえ、お茶とは切っても切れないきれません。市場には出回っていないだけで、山の数ほどお茶の種類があるのかもしれません。

そのなかで五大山脈のひとつでもある阿里山は名茶の産地でもあります。低地のお茶と区別して、高い山で育ち製茶されたお茶(烏龍茶)を高山茶と呼ぶことがございます。その中にこの阿里山茶も多数含まれるでしょう。普段の烏龍茶では味わうことのできない、フルーティーな香味はそのイメージを変えてくれると思います。

香りを閉じ込める茶壷や手軽に飲める磁器のティーポットがおすすめ。熱湯を注ぎ、青茶の香りをご堪能ください。味がなくなるまでお飲みいただけますので、3・4煎と煎を重ねるごとに抽出時間を長くするとよいでしょう。

≫工夫茶器を使った入れ方

1、茶壷を温めるために沸騰した湯を注ぎ、温めておきます。2、茶壷が温まるのを確認し、その湯で茶海・茶杯を温めます。3、茶壷に3g程度の茶葉を入れます。茶壷の底が見えなくなるくらいが目安。
4、茶壷に熱湯が溢れるぐらい注ぎ、1分程度蒸らします。

5、茶湯を茶壷から茶海へ移します。※そのまま茶杯に移してかまいません。

6、茶海のお茶を茶杯に移して出来上がり。2煎目以降の抽出時間は30秒程度。味が出なくなるまでいただきましょう♪

商品規格

名 称
 
青茶(烏龍茶)
原材料
産 地
台湾
最適温度
約95~100度
保存方法
高温多湿を避け、日の当たらない冷暗所・冷蔵庫に保管ください。
内容量
 
40g

※ こちらの商品は茶葉が空気に触れないよう、チャック式茶袋でお届けします。

配送方法
宅配便・メール便

関連商品

 

 

ご質問や納期確認